着付の知識が全くないのですが大丈夫でしょうか?

基本コースは着物を触ったことのない方でも受講していただける内容となっておりますのでご安心ください。

このページのTOPへ戻る

次の生徒募集はいつからですか?

当学院は個別カリキュラムで授業を進めますので決まった募集時期はありません。お好きな時にご入学ください。

このページのTOPへ戻る

お稽古着は預けられますか?

スペースを設けておりまので、自由にご利用ください。

 

このページのTOPへ戻る

何人授業ですか?

4、5人の生徒に講師が1人つきます。

このページのTOPへ戻る

用意する物はなんですか?

着物、長襦袢、半幅帯(名古屋帯、袋帯)、足袋、肌着・裾除(又はワンピース式の物)、紐5本、伊達締め2本、衿芯、前板、着物用クリップ、フェイスタオル3枚、教材枕(改良枕)、ガーゼ1.5m、三重仮紐、帯締め、帯揚げ、筆記用具、コーリンベルトやウエストベルト、ヒップパット等がありましたらお持ちください。
※お持ちでない小物は、お貸しいたしますので無理に揃えずにご相談ください。

このページのTOPへ戻る

授業用の着物や小物は購入しないといけませんか?

当学院指定の教材はございませんので着物や帯・小物など授業に必要な物はお手持ちの物を使用していただきます。無い方はレンタルも出来ます。

このページのTOPへ戻る

普段着程度の着付が出来れば十分なのですが。

六回レッスンがございます。全6回の授業で小紋や色無地などの着付が学べます。

このページのTOPへ戻る

授業についていける自信がありません

授業は一人一人進み具合が違います。無理に先に進む必要もありませんので、納得がいくまで何度でも復習が出来ます。

このページのTOPへ戻る

毎週決まった曜日に行けそうもありません

都合のよい時間を選んで授業を受けていただけます。詳しくは各コースの時間割をご覧ください。

このページのTOPへ戻る

授業を休んだ場合はどうなりますか?

授業日の振り替えが出来ます。ただし、振り替えが出来るのは同じ月内に限ります。カリキュラムは個々人に合わせますので、休んでも授業が先に進むことはありません。

このページのTOPへ戻る

何か有利な資格が取れますか?

着付け職種技能検定(国家資格)により「一級~二級着付け技能士」、厚生労働省認定社内検定により[着物着付指導士一級~三級]、(財)全日本和装コンサルタント協会検定により[講師・助教授一級~三級、許状看板]、特定非営利活動法人 和文化伝承協会検定により[一級~三級きもの着付士 ]の資格がそれぞれ試験合格後に取得できます。 詳しくは「資格・カリキュラム」をご覧ください。

このページのTOPへ戻る

見学はできますか?

是非一度おこしください。授業時間中であればご自由に見学していただけます。

このページのTOPへ戻る

入学後にかかる費用はありますか?

が進むごとにテキスト代を、資格取得を希望される方には、認定料をいただきます。また、授業用の着物をレンタルされる方はレンタル料をいただきます。

このページのTOPへ戻る

修了したけど一部忘れてしまいました

ワンレッスンがございます。卒業した方や未入学の方でも授業をお受けいただけます。

このページのTOPへ戻る

着付教室開講は出来ますか?

特別専科履修後に「許状看板」の受験資格が得られます。開校にあたってはアドバイスやお手伝いなどサポートをさせていただきます。

このページのTOPへ戻る