ときに優雅に、ときに雄壮に。日本を代表する伝統芸能は実に多彩な変化を見せてくれます。400年かけて作り上げたその表現手法は、多くの人の心を打ち、魅了することでしょう。

初めて方でも心配ありません。その方のペースにあわせてお稽古を進めていきます。まずは気軽にご見学ください。

おしとやかなイメージを持たれがちな日本舞踊ですが、実は体全体で演技をするためとてもハードな運動になります。

お稽古を始めれば健康づくりだけでなく、美しい立ち居振る舞いが身に付き、姿勢も良くなります。古典的なお稽古ですが、堅苦しく考えず気軽に始めてみませんか?

   
お稽古は月4回です。第5週目はお休みです。
順番に始めますので、お好きな時間にお越しください。
夜の部は19:30までにお越しください。
お稽古は浴衣(または着物)で行いますので、お稽古の時にお持ちください。レンタルもございます。

月謝 入学金
¥6,500
¥5,000

(税込み)

1カ月全てお休みされた場合は、在籍料として月1,000円のみいただきます。

月謝には畳の維持費(月200円)が含まれます。






季節それぞれに様々な花が咲きます。眼前の小さなスペースにその花達で大自然を作り上げます。常に季節の花に触れ、自然を連想することにより、今は薄まりつつある日本の四季を感じてみましょう。

歴史ある建物で日本の伝統的な華道を学び、たくさんのお花に触れてみませんか?

お花の生け方には色々な生け方がありますが、一つ一つ丁寧に基本をきっちりお稽古していきます。毎回違う種類のお花でお稽古ができるので、たくさんのお花を楽しむことが出来ます。お花を通じて四季を感じるのもいいものですよ。

   
お稽古は月3回です。第5週目はお休みです。
夜の部は19:30までにお越しください。
16:00~18:30にご希望の方も、一度ご相談ください。
お稽古に必要な、ハサミ・タオル・お花を入れる袋はご用意ください。

月謝 入学金
¥8,640
(お花代を含む)
¥5,000

(税込み)

1カ月全てお休みされた場合は、在籍料として月1,000円のみいただきます。







着物の歴史は、和裁の歴史でもあります。共に歩み発展してきた和裁は、奥の深いものとなりました。仕立てた着物を「着るとき、着て貰うとき」の喜びは、かけがえのない財産となるでしょう。

これといったカリキュラムは特にありません。
初心者の方はまずは運針の練習から始めます。経験者の方はご自分が縫いたいと思うものをご持参ください。
プロが直接指導しいたしますので、わからないことはどんどん質問してください。

   
お稽古は月4回です。第5週目はお休みです。
裁縫道具と縫いたい物をお持ちください。また初心者の方は、まず運針から始めますのでサラシ等をお持ちください。

月謝 入学金
¥6,480
¥5,000

(税込み)

1カ月全てお休みされた場合は、在籍料として月1,000円のみいただきます。







能楽や歌舞伎囃子などに広く用いられる、日本を代表する伝統ある打楽器です。革張りから百年経過してようやく小鼓の音色になる、と言われるほど繊細な楽器でもあります。

まずは小鼓の持ち方から始め、次にポ・プ・チ・タと呼ばれる4種類ある音の出し方をお稽古します。

そして、その4種類の音の組み合わせによって、「ミツジ・カンミツジ・ツヅケ・トリ」等の手組(てぐみ)をお稽古し、その手組を組み合わせて一つの曲を演奏していきます。多くの方が初めて触れる楽器ですので、基礎のお稽古を重視しております。

掛け声と共に和のリズムを刻む姿は、大変凛々しいものですよ。
お稽古は月2回です。お稽古日は事前にお知らせします。
道具は全てご用意しております。
月謝 入学金
¥6,000
(小鼓使用料を含む)
¥5,000

(税込み)

1カ月全てお休みされた場合は、在籍料として月1,000円のみいただきます。